메뉴 건너뛰기

ソリューション&サービス

Clip e-Form

Home > WEB開発ツール > Clip e-Form
CLIP e-Formは、これまで紙の文書で作成、保管していた代わりにタッチモニターやTeblet, Smart Phoneを活用し電子書式を作成、配布、保存、管理するPaperlessソリューションです。

必要性

e-Formを導入するとプリンタートナー、紙、スキャナーなどの費用を画期的に削減することができます。
また、使用者が入力したデータは即時にDBで管理することができ、顧客応対時間も削減できます。
さらに、様々なマルチメディアを通じて紙で表現できなかったものを手軽に実装することができます。

使用環境

e-FormはPC基盤のタッチモニター環境とTablet基盤のMobile環境に区分できます。
  • 1) タッチモニターの場合は、PCに多重モニター環境を構成して使用する方式で顧客はタッチモニターを
         業務担当者はPCを使用しますこれは固定的な場所で設置して利用します。
  • 2) Mobile環境は移動性を要する環境で使用され、タブレット端末を使って、通信環境も有線ではなくWi-FiやLTEを利用します。

活用分野

e-Formはどのような業務に使用されるかによって多様なシステム名を付与することができます。
生命保険会社や損害保険会社などの保険契約業務に使用される場合は“モバイル電子契約システム”といい、病院の手術同意書、選択診療同意書などに使用すると “電子同意書システム”とよびます。移動通信代理店で携帯電話を開通させる際にも使用し、個人情報同意書、カード申請書、口座開設申請書、自動車契約など各種紙面で行われる契約を処理する全ての業務で使用することができます。

レポーティングツールとe-Formの比較

レポーティングツールとe-Formには多数の共通点があります。レポーティングツールとして作成された文書は修正がされないのに対しe-Formで作成した文書は各種入力と署名、そして筆記が可能であるという程度の差異があります。
また、レポートは主に開発者が使用しますが、e-Formの場合は現場担当者が直接使用するケースが多く、より便利な機能を増やしました。

CLIP e-Form構成

CLIP e-Formはデザイナー、サーバ、ビューアで構成されており、ビューアはPCビューア(Windows)とTabletビューア(iOS, Android)に構成されます。
  • デザイナーは電子書式を作成するものとしてワード水準の便利性を提供し、作成された文書はサーバに自動送信され、保存されます。
  • サーバはデザイナーで作成された文書を管理および配布するものとしてデザイナー、ビューアと連携して動作します。
  • ビューアはデザイナーで作成した文書の閲覧と使用者の入力の役割を持ち、保存された文書をPDFまたはイメージで保存しすぐにサーバに送信します。

導入期待効果

デザイナー

電子書式を作成するモジュールとしてワード水準の便利性を提供します。また、作成された文書はサーバに自動送信され保存されます。

サーバ

デザイナーで作成された文書を管理し配布するモジュールとしてデザイナー、ビューアと連動しながら動作します。

ビューア

デザイナーで作成された文書の閲覧を可能にし、使用者入力をする部分や最後に保存された文書をPDF またはイメージで保存しサーバに送信します。

リファレンス

江南聖母病院他4病院
OS Windows
使用
分野
院務、診療
文書
規模
2000種
特異
事項
次世代
EMRソリューション連携
国立癌センター
OS Android、Windows
使用
分野
診療
文書
規模
400種
特異
事項
次世代
EMRソリューション連携
東仁川キル病院
OS Windows
使用
分野
院務、診療
文書
規模
400種
特異
事項
5軒の病院一括作業
タッチモニター連携
既存のEMR連携
仁川基督病院
OS Windows
使用
分野
院務、診療
文書
規模
400種
特異
事項
5軒の病院一括作業
タッチモニター連携
既存のEMR連携


江南聖母病院他4病院
OS Windows
使用
分野
院務、診療
文書
規模
2000種
特異
事項
次世代
EMRソリューション連携
国立癌センター
OS Android、Windows
使用
分野
診療
文書
規模
400種
特異
事項
次世代
EMRソリューション連携





システム要求事項

デザイナー OS : Windows
サーバ OS: Unix/Linux/Windows
DB: JDBC/ODBC をサポートする全てのDB
ビューア OS : Windows/IOS/Android

文書保存ば書との完璧な統合

CLIP e-Formは、e-Formデザイナーとe-Formサーバーとの間の連携が一本化されており、ユーザーは、
電子文書の作成と同時に文書リポジトリに登録することができます。コンピュータ部門の協力を求めずに現場部門での
文書の修正と配布を行うことができるという観点から、生産性と効率性が非常に優れています。文書リポジトリは、
既存の使用していた文書リポジトリとの連携も可能です。このため、CLIP e-Formデザイナ用の別のアダプタを
開発して提供することも可能です。文書リポジトリは、文書を含む文書のコード、
文書のバージョン、テンプレート、コモンコントロール、パラメータなどを管理することができます。

既存レポーティングツールとの連動

当社のレポーティングツールを運用されているシステムの場合、e-Form電子書式に変換して適用することができます。これは、レポートツールを一緒に保持している当社の利点として、今後一般的なレポーティングツールとして使用した多くの書式も電子文書に変換される余地がたくさんあります。たとえば経費申請書、休暇届などの応用範囲は幅広いと思います。

文書テンプレートの活用およびWord コピー機能

CLIP e-Formは、文書分類別に共通機能についてテンプレートとして作成してe-Formサーバーに登録することができます。
テンプレートには、文書で共通に使用されるデザインだけでなく、電子文書にマッチングしなければならパラメータ情報も一緒に保存されます。したがって、ユーザーは、テンプレートを呼び出して、残りの部分だけを作成して、定義されたパラメータのみをマッピングすると、開発が完了します。
また、既存の作成されたWordファイルなどは、コピーして貼り付けることができ、開発の生産性が非常に優れています。

사용자 컨트롤의 활용

ユーザーコントロールは、ドキュメントテンプレートのようにすべての文書または分類別の文書に共通に使用されるものではないが、ほとんどの文書に頻繁に使用されている部分をサーバーに保管して再利用できるようにする機能を指します。また、ユーザーコントロールは、自分が使用している部分と全社共通で使用している部分を別途で管理することができます。ユーザーコントロールを使うことで、再作成時に時間を大幅に短縮することができ、文書の標準化にも大きな貢献できます。

文書保存ば書との完璧な統合



  保存場所連携機能
e-Formサーバーにログインして、サーバ上の文書をデザイナーに読み込んで修正および再保存することができます。


  Wordファイルコピー機能
Word文書をコピーして、e-Formデザイナに貼り付けることができます。これにより、迅速な書式の開発が可能です。


  パラメーター連携機能
パラメータフィールド(業務システムから渡された値)のマッピングをCLIP e-FormデザイナーでマウスのDrag&Dropするだけで簡単に処理することができます。

  カレンダー、ドロップダウン、チェックボックス
カレンダー、ドロップダウン、チェックボックスなど、さまざまなコントロールをサポートします。

CLIP e-Form−書式デザイン



  表編集機能
e-Formデザイナーは、ワードレベルの表編集ができ、表の中にさまざまなコントロールを入れ込むことができます。


  ユーザーコントロール作成機能
文書の作成でよく使われる部分をユーザーコントロールとして保存して再利用することができ、コントロールはe-Formサーバーに保存および配布が可能です。


  署名機能
ポップアップ署名、文書署名など、さまざまな署名のコントロールをサポートします。

  カメラおよびイメージオブジェクト処理
文書の特定の場所にカメラオブジェクトまたは画像オブジェクトを使用することができます。

  テンプレート作成機能
文書の種類ごとに必要な要素を作成/保存した後、再利用することができます。テンプレート文書は、パラメータマッピング情報を含むことができ、テンプレートはe-Formサーバーに保存して管理されます。

タブレットビューア

タブレットビューアの機能は、ペン機能、文字入力機能、チェックボックス、ラジオボタン、写真撮影、署名、文書の保存(PDF、Image)、ページ移動、各種ジェスチャーなどの多様な機能が内蔵されています。

PCビューア

PCビューアは、タブレットビューアの機能のペン機能、文字入力機能、チェックボックス、ラジオボタン、文書の保存(PDF、Image)、署名、写真撮影、ページ移動、各種ジェスチャーなどの機能が内蔵されています。また、タッチモニターを双方向モニターとして使用する場合は、お客様の画面と担当者画面の同期を取りながら双方向監視とマウスポイント制御ができます。

文書保存場所機能

CLIP e-Formサーバーはe-Formデザイナーで作成した電子文書を管理する。電子文書はカテゴリ毎に保存することができ、各文書に対して自動的にバージョンを管理します。サーバーから文書を読み込んで修正を行うと、バージョンが一つ上がる形で管理します。修正が完了した文書は、「掲示」機能を利用して、使用状態になります。このように書式を管理する画面は、e-Formデザイナーに含まれて運用されます。

ログ管理機能

CLIP e-Formログ管理機能は、最終的に、ユーザーが文書の署名を完了して保存する時点でのログを管理します。ログ管理は、日付、ユーザー、文書名などを管理することができ、ログで管理対象の項目は、お客様と相談しながら修正が可能です。

利用者管理機能

CLIP e-Formサーバーにユーザーごとの権限の管理が可能です。また、保存場所は、複数サーバーを指定することができ、サーバーごとに、それぞれのログイン処理も可能です。

Top